名歌鑑賞のブログ

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

タグ:練習用

心には 下ゆく水の わきかへり 言はで思ふぞ 
言ふにまされる
                詠人知らず
 
(こころには したゆくみずの わきかえり いわで
 おもうぞ いうにまされる)
 
意味・・私の心の中には、表面からは見えない地下水が
    わき返っているように、口に出さないけれど、
    あなたのことを思っています。その思いは口に
    出して言うよりずっと思いは深いのですよ。
 
出典・・古今六帖。

イメージ 1


久方の 天の香具山 この夕べ 霞たなびく 
春立つらしも        
               詠み人知らず

(ひさかたの あめのかぐやま このゆうべ かすみ
 たなびく はるたつらしも)

意味・・天の香具山に、今日の夕方はじめて霞が
    かかっている。ああ、これでいよいよ春
    になったようだ。

注・・久方=天の枕詞。
   天の香具山=奈良県橿原(かしはら)市に
    ある山。天上から降りて来たという神
    話から天を冠する。
   春立つ=立春(2月4日)を意識した語。

出典・・万葉集・1812。 



大空の 雨はわきても そそがねど うるふ草木は 
おのが品々
                 僧都源信

(おおぞらの あめはわきても そそがねど うるう
 くさきは おのがしなじな)

意味・・大空の雨は差別して降るわけではないが、潤
    う草木はそこに生えている状況で違って来る
    ものだ。

    歌の題は「法華経の心をよむ」です。
    仏法の恵には差別は無いが、受ける側によっ
    て違いが生じる、という事を詠んだ歌です。
 
    人の言う事は好くも悪くにも取れるもの。い
    い意味で聴きとりたいものだといっています。
 
    なお、仏法の恵みには「奈良の観音、駿河の
    観音」とお祈りする事により恵を受ける事が
    出来ます。
   (「ならぬ堪忍、するが堪忍」という事です。
    つらさ、苦しさなど、もうこれ以上は我慢出
    来ないという所をじっとこらえるのが本当の
    我慢という意味

 注・・わきても=別きても。とりわけ。格別に。
    うるふ=潤う。恩恵をこうむる。
    品々=さまざま。いろいろ。
 
作者・・僧都源信=そうずげんしん。942~ 1017。
    恵心院の僧。
 
出典・・千載和歌集・1205。


時ありて 花ももみぢも ひとさかり あはれに月の
いつもかはらぬ
                       藤原為子 

(ときありて はなももみじも ひとさかり あわれに 
 つきの いつもかわらぬ)

意味・・花も紅葉もそれぞれに決まった時期があって盛り
    を見せるのに、月はいつも変わらぬたたずまいで
    空にあることです。

    春の花、秋の紅葉、それぞれ、一年の内の短い時
    期だけれど、思い切り美しい姿を見せる。
    それに比べて「月」はいつも変わらぬ存在である。
    そうした不変のものの「あはれ」の情趣がしみじ
    み心に沁(し)みるのであるが、それは、盛りの時
    を経てはかなくなってゆく花、紅葉、そして人生
    への愛惜でもある。
    為子の生きた時代、必ずしも華やいだ平安な日々
    ではなかった。北条氏全盛の時、為子が仕えてい
    た宮廷は揺れ、為子の兄弟である京極為兼は幕府
    によって流されたりもした。
    様々に咲き、散る人生を思う時、ひとり「月」の
    不変はいとおしいのだ。

 注・・時=季節。
    あはれ=情趣が深い、しみじみと心を打つ
     さま。すてきだ、いとおしい、気の毒だ。

作者・・藤原為子=ふじわらのためこ。生没年未詳。京極
     為兼の姉。伏見天皇の中宮(永福門院)に仕える。

出典・・風雅和歌集。

イメージ 1

散る桜残る桜も散る桜
                 良寛

(ちるさくら のこるさくら ちるさくら)

意味・・桜の花びらがしきりに散っている。だが木の枝
    には、まだかなりの花がついている。しかしそ
    れも、やがては散ってしまう。桜の花びらは、
    まことにはかないものだ。

    桜の散るはかなさ、また、花びらの散る瞬間の
    美しさ、燃え尽きる時の美しさにも目を向けて
    います。

    良寛の辞世の歌です。良寛は力一杯生き抜いて
    燃え尽きたことでしょう。

作者・・良寛=りょうかん。1758~1831。越後出雲
    崎に神官の子として生まれる。18歳で曹洞宗
    光照寺に入山。

出典・・谷川俊朗著「良寛全句集」。

このページのトップヘ