名歌鑑賞のブログ

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

タグ:俳句

イメージ 1


夕立の 雲もかからず 留守の空  
                  向井去来

(ゆうだちの くももかからず るすのそら)

補注・・京都に妻を残し、長崎の里に帰る時の句。

意味・・今は夏だ。いつ夕立が来るか分からない。
    夕立が来る時は、必ず青い空がにわかに
    曇って入道雲がモクモクトと湧き立って
    来る。しかし、今見る京都には雲一つ無
    い。空よ、どうかいつまでもこのままで
    いてほしい。留守の家族に激しい風や雨
    を降らせるようなことのないようにして
    ほしい。

    夕立は自然現象だけではない。女所帯に
    襲いかかるいろいろな悪漢や暴行などに
    襲われないように、去来はひたすら祈り
    続けた。

作者・・向井去来=むかいきょらい。1651~17
    04。芭蕉門下10哲の一人。野沢凡兆と
   「猿蓑」を編む。
 

イメージ 1
              池野大雅・十便図(国宝)

急度妙 大雅が書いた 梅と月

(キットメウ タイガガカイタ ウメトツキ)

意味・・大雅が描いた梅と月の画の素晴らしさは、誰が
    見ても感心させられるものだ。

    回文になっています。

 注・・急度(きっと)=間違いない、必ず。
    妙(めう・みょう)=不思議なこと。非常に優れ
     ていること。
    大雅=姓は池野。号は大雅。1733~1776。文
     人(南宗)画家。十便図(国宝)が有名。
    十便図=静かな田舎に住んでいる人に、静だろ
     うが不便であろうと言ったのに対して、便利
     だと十の便利さを画にしたもの。国宝になっ
     ている。

出典・・川柳「柳多留」(林富士馬著「川柳のたのしみ」)

イメージ 1


宇治の川瀬の 水車 何とうき世を めぐるろう

                 
(うじのかわせの みずぐるま なんとうきよを 
 めぐるろう)

意味・・宇治川の川瀬にかけた水車は、うき世をどんな
    ものだと思いを巡らして回っているのだろう。
 
    無心に回る水車に人生流転の感慨として詠んで
    います。浮き世から憂き世へ、そしてまた浮き
    世と巡る人生。辛くとも堪えていれば必ずまた
    元のように良くなる、と期待しています。
 
    閑吟集が出たのは1518年頃。その当時の京都の
    世相は、家の数が昔の十分の一になって、皆は
    自給自足のために畑仕事ばかりしていた。京都
    御所は麦畑の中にあった。荒れた京都の様子で
    す。(1467~1477の応仁の乱では京都が戦場に
    なりほぼ灰燼となった)
    
 注・・うき世=浮き世(この世)と憂き世(つらい事の絶
     えない世)を掛ける。
    めぐる=「回る」と「巡る」を掛ける。
    人生流転=人には人生最高だと思う幸せな時と、
     落ち目でどうしようもない時がある。
 
出典・・閑吟集。

イメージ 1
              酒井抱一画・「古池やその後とびこむ蛙なし」が書かれているという   


新池や蛙とびこむ音もなし
                  良寛
                  
(あらいけや かわずとびこむ おともなし)

意味・・芭蕉翁は、「古池や蛙とびこむ水の音」の句を
    詠まれたが、この新しい池には蛙一匹飛び込む
    音もしない。そのように今の世において、芭蕉
    翁に続く人物はいないことだ。

    芭蕉は人生をみつめた句が多い。
    例えば。
    「よくみれば 薺花さく 垣根かな」
    与えられた環境で生き抜く、という句になって
    いる。  (意味は下記参照)

作者・・良寛=1758~1831。

出典・・谷川敏朗著「良寛全句集」。

参考句です。

よくみれば 薺花さく 垣根かな
                             芭蕉

(よくみれば なずなはなさく かきねかな)

意味・・ふだんは気にも止めない垣根の根元に、よく見ると
    薺の花が目立たずひっそりと咲いている。

    程明道の詩句「万物静観皆自得」の気持を詠んで
    いると言われています。

    今ここを生きる薺の花は、咲いている場所や周囲の
    状況について好き嫌いを区別しないで自足自得して
    います。全ての人々があらゆる状況について好き嫌
    いを区別しないで自足自得することができれば、そ
    れは仏に他なりません。だから、今、ここを生きる
    人は憂悲苦悩を嫌いません。憂いに出会えば憂える
    仏、悲しみに出会えば悲しむ仏、苦しみに出会えば
    苦しむ仏、悩みに出会えば悩む仏になって何時も安
    らいだ心境でいられるのです。

    与えられた運命を嘆くのではなく、その運命の立場
    にいて幸せを求めて行こうという考えです。

 注・・自足自得=自分で必要を満たす、自分で満足する

イメージ 1
宮古島・沖縄

亡き母や海見る度に見る度に    
                                           一茶

(なきははや うみみるたびに みるたびに)

意味・・三歳で母に死別してから母の愛というものを
    知らずに育った一茶であるが、こうして海を
    眺めるたびに、その限りなく広がる豊かさ、
    やわらかくそして大きく自分を包みとってく
    れるような海の感触が、亡き母を憶(おも)わ
    せてくれる。

    一茶47歳の作です。

    「母さんの歌」参考です。

    「母さんの歌」   窪田 聡 作詞・作曲

    母さんは夜なべをして 
    手袋あんでくれた
    木枯しふいちゃつめたかろうて 
    せっせっとあんだだよ
    ふるさとの便りは届く
    いろりのにおいがした

 注・・亡き母=名はくに。一茶の3歳の1765年に
     没す。

作者・・小林一茶=1763~1827。信濃の農民の子。
    3歳で母に死別し、継母と不和のため15歳
    で江戸に出る。

このページのトップヘ