イメージ 1


種まきし わがなでしこの 花ざかり いく朝露の
をきてみつらん      
                       藤原顕季

(たねまきし わがなでしこの はなざかり いくあさ
 つゆの おきてみつらん)

意味・・私が種をまいた撫子の花は今花盛りだ。
    朝露の置いた花をもう幾朝起きては見
    た事だろう。

    藤原長実(ながさね)大臣の家の歌合で
    詠んだ歌です。顕季(あけきえ)は長実
    の父親。わが子の「花盛り」を讃えて
    いる。

 注・・わがなでしこ=「我が撫でし児」を掛
     ける。
    をきて=「置き」に「起き」を掛ける。
 
作者・・藤原顕季=ふじわらあきすえ。1055~
    1123。詞花和歌集の撰者顕輔の父。諸
    国の守を歴任。
 
出典・・詞花和歌集・72。