イメージ 1


ふかき夜の むら雨かかる 朝じめり まだ咲ききえぬ
花の色かな             
                  正徹
                
(ふかきよの むらさめかかる あさじめり まださき
 きえぬ はなのいろかな)

意味・・深夜に降ったにわか雨で、朝方湿りながら
    まだ咲いたまま朝露も消えていない、清々
    しい花の色だなあ。

    昨夜の雨に濡れてまだ玉の露が残り、花が
    一段と艶(あで)やかに見えて、朝の清々しさ
    を詠んでいます。

 注・・むら雨=にわか雨。

作者・・正徹=しょうてつ。1381~1459。字は清岩。
    室町中期の歌僧。

出典・・岩波書店「中世和歌集・室町篇」