イメージ 1


いにしへの 七の賢しき 人たちも 欲りせしものは
酒にしあるらし   
                 大伴旅人

(いにしえの ななのさかしき ひとたちも ほりせし
 ものは さけにしあるらし)
 
意味・・その昔、竹林の七賢人が欲しがったのも
    まさしくこの酒であったらしい。

    月花鳥と静かに風流を楽しむ人達も、酒
    はその味付けを深めるものである・・。    

 注・・七の賢しき人=晋(しん)の七人の隠士が
     竹林で酒を交して清談にふけったとい
     う。
    隠士=俗世間を捨て静かな所に隠れ住ん
     で居る人、またそういう生活態度の人。
    清談=浮き世を離れた風流な話。

作者・・大伴旅人=おおとものたびと。665~731。
    大納言従二位。

出典・・万葉集・340。