ちち君よ 今朝はいかにと 手をつきて 問ふ子を見れば
死なざりけり       
                   落合直文

(ちちきみよ けさはいかにと ておつきて とうこを
 みれば しなざりけり)

意味・・「お父様、けさはご機嫌いかがですか」と畳の
    上にかしこまり、手をついて、朝の挨拶をする
    わが子を見ると、かりそめの病に臥している我
    が身ながら、これくらいのことでは死なれない、
    もっともっと長生きせねばこの子たちがかわい
    そうだという気持ちがひしひし起こってくる事
    だ。

 注・・いかにと=「おはしますか」等の句を省略。

作者・・落合直文=おちあいなおふみ。1861~1903。
    明治21年「老女白菊の花」を発表して国文学の
    普及に尽くす。

出典・・学灯社「現代短歌評釈」。