イメージ 1


たのしみは 昼寝目ざむる 枕べに ことことと湯の
煮えてある時
                 橘曙覧

(たのしみは ひるねめざむる まくらべに ことことと
 ゆの にえてあるとき)

意味・・私の楽しみは、昼寝から目がさめると、枕の
    そばの火鉢にかけた鉄瓶が、ことこと、こと
    ことと煮え立った音を立てている時だ。夢の
    中の恍惚感を、この湯の音が呟(つぶや)いて
    いるよに感じせれる。

    「盧生一炊の夢」を念頭に詠んでいます。
    中国の唐の盧生という青年が立身を志して、
    旅先の邯鄲(かんたん)という町で仙人に枕を
    借りて一眠りする間に一生の富貴栄華の夢を
    見るが、目覚めると宿の主人が炊(かし)いで
    いた黄粱(こうりょう・粟飯)はまだ煮えてい
    なかったという故事。人間の一生は短く、栄
    枯盛衰のはかないことのたとえであるが、自
    分が立身出世する夢を見ることは楽しいもの
    です。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。紙
    商の長男に生れるが、家業は異母弟に譲り隠
    棲。福井藩主に厚遇された。

出典・・岡本信弘著「独楽吟」。