祖谷のかつら橋

夕されば 衣手さむし みよしのの 吉野の山に
み雪降るらし           
                 詠み人しらず

(ゆうされば ころもてさむし みよしのの よしのの
 やまに みゆきふるらし)

意味・・夕方になったので、袖の中まで寒さを感じる。
    吉野の山には雪が降っているに違いない。

    吉野は特に山が深いので、今夜の寒さでは多分
    雪になっているだろう、という事を詠んでいま
    す。

 注・・夕されば=夕方になったので。
    衣手=袖のこと。
    みよしのの=「吉野」 にかかる枕詞。音調を
     整えている。

出典・古今和歌集・317。