岩代の 結べる松に ふる雪は 春もとけずや 
あらんとすらむ
               中納言女王
           
(いわしろの むすべるまつに ふるゆきは はるも
 とけずや あらんとすらん)

意味・・岩代の結び松に降る雪は、その名の通り結ばれた
    まま、春になっても解けないのだろうか。

    有間皇子が次の歌を詠んだか、皇子は処刑された
    ので、結び松を再び見る事が出来ずに、結ばれた
    ままとなった。

    盤代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 
    また還り見む    (意味は下記参照)
             
 注・・岩代=磐代。和歌山県日高郡南部町岩代。
    結べる松=枝を引き結ばれた松。旅路の無事を
     願うために行う。

作者・・中納言女王=ちゅうなごんのにょうおう。源式部。
    生没年未詳。後三条院乳母。

出典・・金葉和歌集・286。

参考歌です。

盤代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 
また還り見む
               有間皇子
             
(いわしろの はままつがえを ひきむすび まさきく
 あらば またかえりみむ) 

意味・・盤代の浜松の枝を結んで「幸い」を祈って行く
    が、もし無事であった時には、再び帰ってこれ
    を見よう。

    有間皇子は反逆の罪で捕えられ、紀伊の地に
    連行され尋問のうえ処刑されたが、この道中で
    詠んだ歌です。
    松の枝を引き結ぶのは、旅路などの無事を祈る
    まじないです。

 注・・盤代=和歌山県日高郡岩代の海岸の地名。
    真幸(まさき)く=無事で(命が)あったなら。

出典・・万葉集・141。