ありし世の 旅は旅とも あらざりき ひとり露けき
草枕かな        
                  赤染衛門

(ありしよの たびはたびとも あらざりき ひとり
 つゆけき くさまくらかな)

詞書・・頼りにしていました人に先立たれて後、
    初瀬の寺に参詣して、夜泊まっていた
    所に、草を結んで、「枕にしなさい」
    といって。人がくださいましたので、
    詠みました歌。

意味・・夫の生きていたころの旅は、旅という
    ほどのものでもありませんでした。
    今は私一人、辛くて涙ぽい草枕の旅寝
    をしていることですよ。

    「枕にせよ」といって結んだ草を贈ら
    れた好意に対し、夫の死後の旅寝の述
    懐によって答えた作です。

 注・・ありし世=夫が生きていたころ。
    露けき=涙がちな。
    草枕=旅寝の枕。

作者・・赤染衛門=あかぞえもん。生没未詳。
    1041年頃80歳余。平兼盛の娘とも伝
    えられている。
 
出典・・新古今和歌集・923。