小竹の葉は み山もさやに さやげども われは妹思ふ
別れ来ぬれば
                   柿本人麻呂

(ささのはは みやまもさやに さやげども われは
 いもおもう わかれきぬれば)

意味・・笹の葉は山全体がざわめくほどザワザワと乱れ
    騒いでいるが、私はただひたすら妻のことを思
    い続けている。別れて来てしまったので。

    妻を石見国に残して都に上がるときの旅の途中
    の歌です。

 注・・石見=鳥取県の西部。

作者・・柿本人麻呂=生没年未詳。宮廷歌人。

出典・・万葉集・133。