たのしみは ほしかりし物 銭ぶくろ うちかだふけて
かひえたるとき
                  橘曙覧

(たのしみは ほしかりしもの ぜにぶくろ うち
 かたぶけて かいたるとき)

意味・・一目見たとたん、気に入ってしまった。どうして
    もどうしても欲しい。財布の底をすっかりはたい
    て、とうとうそれを買い求めてしまった。こんな
    時こそなんとも言えずに楽しい気分になるものだ。

 注・・うち接頭語。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。く父
    母と死別。家業を異母兄弟に譲り隠棲。福井藩の
    重臣と交流。

出典・・独楽吟。