滑川 ふかき心を たづぬれば やがてわが身の
宝なりけり
               熊谷直好

(なめりがわ ふかきこころを たずぬれば やがて
 わがみの たからなりけり)

意味・・滑川が静かに流れているが、この滑川の言い伝えを
    聞いてみると、人の鑑(かがみ)となる教えがあり、
    このことは私の宝に相当するものだ。

    鎌倉を流れている滑川には青砥(あおと)藤綱の逸話
    があります。藤綱は鎌倉の武士で、訴訟などの審理
    に厳正で温かく、権力を笠に着る連中を決して許さ
    なかった人です。ある時、夜中に出仕する途中で誤
    って10文の銭を滑川に落します。藤綱はその時、
    50文の松明を買って来させて、自ら寒い川に降り
    て水底を照らし、銭10文を探し出します。この話
    を聞いた人々は10文のために50文も払うとは、
    と嘲(あざけ)ます。その時、藤綱はこう言ったと伝
    えられています。「たかが10文であっても、川底
    に沈んだままにするのは天下の損失である。しかし、
    50文の支出は、商人の手に渡って天下の役に立つ。
    拾った10文もまた、天下に回ってゆくのだ」と。

 注・・滑川(なめりがわ)=鎌倉の東部を流れる川。
    ふかき心=滑川に伝わる青砥藤綱の逸話。落した1
     0文を50文の松明を買って探したというお話。

作者・・熊谷直好=くまがいなおよし。1782~1862。香川
    影樹に師事。
 
出典・・尾崎小永子著「鎌倉百人一首を歩く」。
 
感想・・熊谷直好は青砥藤綱の逸話を聞いてどんな教訓を
    得たのであろうか。
    青砥藤綱は誰にも出来ない事をしたので後世まで
    名が残った。
    多くの人は藤綱の行動を愚かな者として嘲け笑い
    ます。
    直好は藤綱の愚かさをやり遂げたのが素晴らしい 
    と評価したのだろうか。
 
    愚かさには人間の賢(さか)しらな知識や損得勘定
    が働いていない。損得勘定が出来ないので愚者と
    言われる。
    正常な人が損得勘定を抜きで行動したら徳のある
    人と評価されるだろう。
 
    こんな句があります。
 
    愚を以て身の芯となす露の玉 
             
   (ぐをもって みのしんとなす つゆのたま)

    草花につけた露は滑り落ちて、はかない命で
    ある。不安定な所に身を置く露の私は愚かに
    見えるであろう。がしかし、愚かであっても
    これが私の信念なのです。草花に身を置くか
    らこそ玉の露として美しいのです。

    損得勘定なしで生きる事は美しいものだ。