うかうかと 浮き世を渡る 身にしあれば よしやいふとも
人は浮きよめ            
                    良寛

(うかうかと うきよをわたる みにしあれば よしや
 いうとも ひとはうきよめ)

意味・・大事な事をするわけでなくぼんやりとこの
    世を過ごす同じ身であってみれば、たとえ
    良くないと人が批判する遊女であっても、
    同じ世を過ごす人間なのだよ。

    良寛が遊女とおはじきをしたり、手毬を
    ついて遊んでいるといううわさに、弟が
    それとなく批判したので答えた歌です。

 注・・うかうか=心のおちつかない様子。注意の
     たりない様子。ぼんやり過ごす。
    よしや=ままよ、たとえ。不満足ではあるが
     仕方がないと許容する意味。
    浮きよめ=浮き世女。渡世人。

作者・・良寛=1758~1831。

感想・・「うかうか」について考えました。
 
      「うかうか三十きょろきょろ四十」という言葉
    があります。
    大した事もせずにうかうかしていると、すぐに
    三十代になる。何をやろうかときよろきよろし
    ていると、もう四十代。
    これといった仕事もせずに一生を過ごししてし
    まうという譬えです。
    しっかりした目的をもたず、ぼんやり過ごして
    しまってはいけない、という戒めです。
 
    計画表に予定を書き留めてそれを実行している
    人は多い。そのような人は充実した生活を送っ
    ている人だと言えよう。
    予定にはしっかりとした目的が入っていると、
    「充実している」と実感出来るだろう。
    でも、何年かしてこのような生活を振り返って
    見るとうかうかと過ごして来たと思うかも知れ
    ない。
    毎日の日々には満足してるのに・・。
 
    昔と比べて何らかの進歩があれば、うかうかと
    過ごしたと思わないだろう。
    自分の力を出し切っていれば、うかうかと過ご 
    したと思わないだろう。
    人の役に立つ事をして来たという自覚があれば
    うかうかと過ごして来たと思わないだろう。
 
    私はうかうかして古希が過ぎてしまった。
    これからは人の役に立つというより、人に迷惑
    をかけないために持てる力を出して行きたいと
    思っています。