みづがきの ひさしき世より ゆふだすき かけし心は
神ぞ知るらん
                    源実朝
             
(みずがきの ひさしきよより ゆうだすき かけし
 こころは かみぞしるらん)

意味・・久しい昔から努力して来た私の心は、神様が
    必ず御覧になっていることだろう。

 注・・みづがきの=瑞垣の。「ひさ(久)しい」の枕
     詞。「瑞垣(みづがき)」は神社の垣の美称。
    ゆふだすき=木綿で作ったたすきのことだが、
     それを掛けるところから、「かく」の枕詞。
           かけし心=何かを行おうとする心、良い事を
     しようとする心、願い事をする心、信仰す
     る心。

 作者・・源実朝=みなもとのさねとも。1192~1219。
    28歳。鶴岡八幡宮で甥の公卿に暗殺される。

出典・・金槐和歌集・649。
 
感想・・実朝は何かを継続して行っているのだが、誰
    もそれを知らない、知ってくれない。誰かが
    見ていてくれれば、その行いにも力が入るの
    だか。誰にも知られないでやるのは、励まし
    もなく、やる気が後退しそうだ。
    いやいや、神様や仏様が自分の行いを見てい
    てくれているのだ。続けて努力をしよう。
 
    「天網恢々疎にして漏らさず」という諺があ
    ります。
    天が張り巡らした網は広大で、その目は粗い
    ようだが、悪事を犯した者を漏らす事なく捕
    らえるということ。その反対に良い行いをし
    た人は誰が見ていなくても、その行いは必ず
    報われるという意味です。
 
    実朝の歌もこの諺のように、人知れずとも努
    力をしていれば必ず報われる、と受け取りま
    した。