夕暮れは ものぞかなしき 鐘の音を あすもきくべき
身とし知らねば           
                    和泉式部

(ゆうぐれは ものぞかなしき かねのおと あすも
 きくべき みとしらねば)

意味・・夕暮れはなんと悲しいことだ。入相の鐘を
    明日も聞くことの出来る身だとは分からな
    いので。

    入相の鐘の音を聞いて詠んだ歌です。
    
    病気や事故、会社の倒産などで明日も今日
    と同じような鐘の音が聞けるとは限らない、
    という気持を詠んでいます。
    入相の鐘が明日も同じように聞けるとは限
    らないと思うと、この日この日を大切にし
    て生きて行かねば、という気持です。

    西行も同じような歌を詠んでいます。

   「待たれつる入相の鐘の音すなり明日もや
    あらば聞かんとすらむ」 (山家集)

   (今日聞くのが最後かと待たれた入相の鐘が
    聞こえて来る。もし明日も命があったなら
    再び同じ気持で聞くことであろう)
    
 注・・入相(いりあい)の鐘=夕暮れ時に鳴る鐘の
     音。人生の黄昏(たそがれ)を思わせる寂
     しさが伴います。
 
作者・・和泉式部=いずみしきぶ。生没年未詳。10
    09年中宮彰子に仕えた。
 
出典・・詞花和歌集・357。
 
感想・・義母は46歳の若さで亡くなりました。冬間、
    暖房の効いた所からトイレに行って、脳卒中
    で倒れてたのです。また知人が出張中に旅館
    のサウナに入っていて亡くなった人もいます。
    元気な人が翌日には亡くなっていたという事
    は何度も聞きます。
    でも、それが自分になるという実感は伴いま
    せんでした。
    ところが、古希を過ぎて体力の衰えを実感す
    るようになると、明日は我が身、もありえる
    と思うようになりました。
 
    ではどうするか。お迎えが来るまで、日々を
    大切に生きたい。充実して生きたい。と思う
    ようになりました。
    何かに夢中になる。例えば走ること。走って
    楽しい思いになればそれを続ける。楽しくな
    ければ水泳を始める、これも楽しくなければ
    音楽を奏じる、これがだめなら本を読む、仕
    事に励む・・。何か楽しめる事に夢中になる。
    夢中になれる事は充実した生活を送っている
    といえるのではないだろうか。
 
    私は今、心地よさを感じるので、毎日の山歩
    きを楽しみにしています。