験なき ものを思はずは 一杯の 濁れる酒を 
飲むべくあるらし 
                大伴旅人

(しるしなき ものをおもわずは ひとつきの にごれる
 さけを のむべくあるらし)

意味・・くよくよしてもはじまらない。物思いなどにふけ
    るよりは、いっそのこと濁り酒の一杯でも飲む方
    がよさそうだ。

    酒を讃(たた)えた歌であるが、当時作者は妻を亡
    くし悲嘆と失望にあったので、それを紛らそうと
    して詠んだ歌です。

 注・・験(しるし)なき=かいがない。効果がない。
    思はずは=思わないで。
    濁れる酒=濁り酒、糟を漉(こ)していない酒。

作者・・大伴旅人=おおとものたびと。665~731。太宰
     帥(そち)として下向、そこで妻を亡くす。大
     納言となり上京、従二位。

出典・・万葉集・338。


感想・・お酒の効用。お酒を飲むと元気が出て怖い物なし
    の気持ちになれるのがいい。人から笑われるとか
    恥ずかしいという気持ちが薄れる。「そんな事で
    くよくよしてどうする!」と人に言い聞かせる。
    酒の酔った勢いが気を大きくしてくれる。
    身内が亡くなり悲しい時も、酒に酔えば、過ぎ去
    った事だ、もう生き返る訳ではないと、諦めが早
    い。
    正気の時に、酒を飲んで酔った時のように、気が
    大きくなれれば幸だろうに、と思う。